一般的に使用されているホシガメの床材を紹介します。

使用しての感想もありますので参考にして、あなたの飼うホシガメに合った床材を見つけてください。

一般的な床材・床材の条件、 - 床材を選ぶにあたっての基本-

ホシガメが歩くときに滑らない事。
尿を吸収してくれる事
糞尿のいやな臭いを抑えてくれる事
安価である事

新聞紙
タダで一番経済的です。床材の基本は歩く時に滑らない事です。新聞紙は滑ります。 ホシガメは滑りながら歩くことによって手足の変形を起こし、正常歩行できなくなった事例が報告されていると、 動物病院の先生がおっしゃってました。 雑誌等では使用例が掲載されていますが、床材に新聞紙を選択するのはやめたほうがよろしいかと思いますよ

ナイロン芝(人工芝)
見た目も美しく、クッション性もあります。ただ大人になると芝を噛み切るようになります。 誤飲しないか心配。また人工芝の隙間に糞が詰まるので掃除が大変です

赤玉土
吸湿性があり、自然を再現するには良いと思いますが、家の中で使用するには粉塵の問題もありちょっと苦しいかも知れません。 以前赤玉土を床材として使っていましたが、埃っぽく掃除が大変でした。個体も埃で汚れるしで 個人的にはあまり好きではなかったです。ホームセンター、園芸店で売っています。

砂利
最近は見た目も美しい砂利が販売される様になりました。汚れても洗えますので再利用できるのが利点。
ただ、あまり細かい砂利ですと餌を食べる時に一緒に飲み込んでしまい、腸につまり死亡事故の危険性があります
砂利を使用する時は口に入らないサイズの砂利を使用するのが鉄則です

バークチップ
パインバーグ樹皮を使用した床材です。天然素材を使用しているので生体にも安全です
ただちょっと高価なのが難点。使用後は家庭ごみとして捨てれます

ココナッツチップ
現在、私が床材として愛用しているのがココナッツチップです。ココナッツの表皮を原材料に作っています。

天然素材で作られているので、ホシガメが間違って、食べてしまったとしても安心です。ちょっと高価なのが難点です。 床材も色々と試し、最終的にココナッツチップに落ち着きましたが、大変満足しています。使用後は家庭ごみとして捨てれます。

私はここで床材を買いました。紹介致します。床材専門ショップ

床材はどれ位の頻度で換えたら良いですか ?

獣医に聞きました、これは私の使用しているココナッツチップでの場合です。長い間、ほっときますと、
床材に菌や虫がわいてくることもあるそうです。飼育数にも寄りますが、単独飼いの場合は最低1ヶ月毎に、
多頭数飼いの場合は3週間程度で換えると良いとのことでした。

基本的には汚れてきた床材を部分的に除去し、床材を補給してやる
見た目には汚れてなくても、目に見えない雑菌が繁殖している可能性がありますので
最低でも月に1回は全交換してあげてください。

HOMEへ戻る

サイトMENU

Copyright (C) 2007 ホシガメを飼う.COM All Rights Reserved.