初めに ホシガメ飼育に関するノウハウ 知識

ホシガメは自然界では基本的には単独行動なんです。だから本当は単独飼いが本来の姿だと思います。 しかし、慣れてくると2匹程飼いたくなるもの。でもこれは飼育スペースの広さによるところが大きい

だろう。子亀のうちはいいのでしょうが、ホシガメは大人になれば約30p程度の大きさまで成長します。 60pケージでは1匹が精一杯で、90pケージでも2匹が限度と思われます。多数頭飼いを

すると、大概、気の弱い個体、 気の強い個体に分かれ、強い個体が弱い個体をいじめるようになります。 また甲羅同士がぶつかり、美しい甲羅に傷がついたり、甲羅が欠けたりします。

甲羅が欠けたりすればもう直りません。また餌の独占も起こり、強い方がますます強くなり、 弱い方はますます弱くなっていきます。これは人間社会と同じでしょうね (笑) 上記の理由から単独飼いが無難

と思います。どうしても多数頭飼いを行う時は広いスペースで、 狭いとストレスで悪影響を与えます。120p程度のケージが必要になってくると思いますね

同居させる時は同種が鉄則


同じケージに何頭も陸ガメを飼う時は同種であるというのが鉄則です。 お店では違う種類の陸ガメが一緒のケージに入れられています。 見た目はにぎやかでいいのですが、実際はどうでしょうか?例えば日本ではケヅメリクガメなどもとても人気があります。 まず生体の大きさが全然違うということ、子亀の時は同じくらいの大きさだったとしても、 成長すればケヅメリクガメは70pにも達します。

それに対してホシガメは最大でも30p。同居すれば、パワーがケヅメリクガメの方が断然上なので、 ホシガメの方はストレスが溜ります。また好む湿度も全く違います。ケヅメリクガメは乾燥を好み、 ホシガメはどちらかと言えば多湿を好みます。同居させるとすれば湿度はその中間にするんでしょうか? 好きな温度も微妙に違います。考えただけでも難しいですね。その種類の独特の行動、性格がありますので、 同居させる場合は同種であることが鉄則です。

Homeへ戻る

ホシガメ飼育日記

Copyright (C) 2007 ホシガメを飼う.COM All Rights Reserved.